私だけが知る、この切手の価値は?

切手の価値を知るのは意外と簡単

切手の価値を知るのはそれほど難しいことではありません。骨董品や絵画よりは値段やその価値がわかりやすいのが切手です。なぜなら、切手は決まった種類しかないからです。日本の切手でいえば日本国が発行した切手しかありません。個人で切手を作っているわけではないのです。ですので、種類が決まっている分価値がわかりやすいといえます。
では、価値がある切手とはどのようなものでしょうか。まず、昭和30年よりも前の切手になります。その理由の一つは古いからです。また、昭和30年より前の切手は数が少ないのです。なぜかといえば、切手コレクターが現れる前だからです。切手コレクターが増えてきた昭和30年代以降は、コレクターが切手を集めていますので、現存するものが多いですが、それ以前のものは集めている人が少なかったので、価値があるということになります。

価値を判断するために知っておきたいこと

このように、古い切手で、しかも切手のコレクターがいなかった頃の切手は価値があります。昭和よりも前に作られた切手は特に価値があるのです。ですが、古ければいいというわけではありません。コレクターがどんな切手を集めたがるかを知ることで、価値がある切手と価値がない切手の判別をすることができます。例えば、汚れている切手や折り曲げられている切手、そして角がかけてしまっていたり破けてしまっている切手は価値がないと判断されます。よほどの希少価値があるものを除いては大した額がつかないでしょう。コレクターとしてはできるだけ完成度の高い切手を集めたいのです。
価値のある切手は多いですが、最近はコレクターの人数が減少してきており、需要が少なくなっていることも知っておきましょう。